医療クリニックと脱毛サロン、それぞれの施術方法の違いは!?

ちょっと痛いけどパワフル!医療クリニックでの脱毛

医療クリニックでは、主にレーザーを使った施術方法で脱毛が行われます。医療脱毛で採用されているレーザーはとてもパワフルで、毛を作り出す細胞である毛母細胞を破壊することで高い脱毛効果を発揮するのです。またクリニックで行われるレーザー脱毛は、永久的に毛を生えなくすることができる唯一の方法とされています。この高い脱毛効果が、医療クリニックで脱毛を受けることの最大のメリットです。ムダ毛の悩みから完全に開放されたいとか、短期間でしっかり脱毛したいと考えている人には、この医療脱毛が適しています。

しかし医療脱毛は強力なレーザーを使用する分、痛みを感じやすいという特徴もあります。とりわけクリニックで行われる脱毛が痛い、というわけではありませんが、サロンでの脱毛と比較するとやや痛みを感じやすいのです。痛みに弱い人や刺激による肌トラブルが心配な方は、あえてサロンでの脱毛を選択してもいいかもしれません。

効果はゆるやかだけど痛みが少ない!脱毛サロンでの脱毛

脱毛サロンでは、光を照射することでムダ毛を弱らせていく光脱毛という施術方法が採用されています。光脱毛で使われる光は、医療脱毛で使われるレーザーとくらべるとパワーが弱いので、施術中の痛みが少ないのが特徴です。また光脱毛は使用する光の種類によって、脱毛効果や施術中の痛みに違いが出ることも特徴の一つです。

ただ使われる光のパワーが比較的小さい分、医療脱毛よりもサロンでの脱毛のほうが効果が低い傾向があります。そのためサロンでの脱毛で充分な効果を実感するためには、医療脱毛よりも多くの施術回数が必要になることが多いのです。また医療脱毛と違ってサロンでの脱毛は、永久的に毛を生えなくすることはできないので、しっかりと脱毛できたと思っても、ある日突然また毛が生え始める可能性があります。ある程度の脱毛効果が見込めるならば痛みは少ないほうがいい、と考える方にサロンでの脱毛は適しています。